食の安全・安心 商品検査センター

商品の品質や安全性の確認と検証

商品検査センターでは、組合員の皆さんに安心してご利用いただくために、ユーコープで取り扱う商品や夕食宅配マイシィの検査などを行っています。
取り扱うすべての商品の検査はできませんが、商品のリスクを考えて、食中毒が起きやすい商品を重点にした微生物検査、社会的に関心の高い食品やコープの産地指定商品などの放射能検査、生鮮野菜を重点にした残留農薬検査を中心に、社会情勢などを反映した検査を迅速かつ正確に行い、組合員の皆さんのくらしを守る役割を担っています。

2つの商品検査センターで検査を連携

2010年度よりユーコープの商品検査センターと日本生協連の商品検査センターでは検査の連携体制を強め、検査対象の共同化や分担を行うことで効率よく検査を進めています。

ユーコープ 商品検査センター

ユーコープ 商品検査センター

所在地:神奈川県厚木市小野2025-12

検査内容

  • ユーコープで取り扱う商品、コープ商品、自社工場生産品、店内調理加工品、一般メーカー品、生鮮商品を検査

日本生協連 商品検査センター

所在地:埼玉県蕨市錦町1-17-18

検査内容

  • コープ商品の開発時の検査
  • 取り扱い中のコープ商品の検査

日本生活協同組合連合会 商品検査センター

<商品の検査数>

商品の検査数

  • 商品の検査数

  • 商品の検査数

ユーコープ 商品検査センター 役割と検査内容

取り扱い商品、お申し出品、原材料などについて、微生物検査、残留農薬検査などの検査を行っています。また見学の受け入れや学習会の開催など組合員とのコミュニケーションも大切にしています

  • 微生物検査の様子

    残留農薬検査の様子

  • 食の探検隊

    組合員と家族を招き
    「実感・体感コープ食の安全探検隊!」を開催

ユーコープ 商品検査センター 見学するには

商品検査センターは、どなたでも自由に見学できます。

ユーコープ 商品検査センターの歴史

商品検査センターは、1988年10月にコープかながわ(当時)の創立40周年事業として開設されました。

現在、ユーコープ、うらがCO-OP、全日本海員生協、富士フイルム生協の4生協の「商品検査センター」として活動しています。

1980年 かながわ生協の瀬谷物流センターに「検査室」開設。微生物検査を開始。
1988年 かながわ生協40周年記念事業として「商品検査センター」開設。理化学検査を開始。
1990年 厚生省(当時)からユーコープ事業連合が認可され「商品検査センター」はユーコープ事業連合に移管されました。
1997年 商品検査センターを瀬谷物流センター敷地内に新設し、総面積は799m²に。検査項目を拡大し検査機能も強化しました。
1999年 ISO14001認証取得。
2010年3月 商品検査センターを森の里要冷セットセンター館内に新設。総面積は1654.7m²に。
日本生協連との連携強化を開始しました。
2013年3月 厚生労働省から生活協同組合ユーコープが認可され「商品検査センター」は生活協同組合ユーコープに移管されました。

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて