ユーコープの愛されお肉ナンバーワン! コープの産地指定 茶美豚(チャーミーポーク) くさみがないので、大好きです。どんな料理にしてもおいしく仕上がります。(久甫ちゃんさん)

みんなのおすすめコメント♪

もうほかのお店では 豚肉を買えない!

肉がやわらかくて脂がすっきりしている。この値段でこの味は買うっきゃないでしょ。一番好きなお肉です。
(ちゃちゃさん)
バラ肉は、今まで絶対に買わないお肉としてNO.1だったんですが、やわらかいですね。びっくりです。
(まさママさん)

次は組合員参加

組合員とともに開発し、 親しまれてきました

組合員参加

組合員とともに開発し、 親しまれてきました

「茶美豚」のイメージキャラクターちゃみトンぶぅ~!

豚を育てる人、加工する人、それを運ぶ人、そして利用する組合員の皆さん。コープの産地指定「茶美豚(チャーミーポーク)」はみんなが輪になって実現した、おいしくて安心な豚肉です。
1997年、「もっとおいしい豚肉を食べたい」との声に応え、組合員9人が参加した開発チームにより、約半年かけて1998年に完成しました。

生産者と交流が盛んです

組合員やユーコープの職員が茶美豚の生産現場を視察し、安全性や環境への取り組みを確認したり、生産者がユーコープの店舗に来て組合員と話したり。生産者と組合員の交流は毎年深まっています。

2013年5月 ユーコープの店舗の職員・パート職員などが花巻市内で飼料用米の田植えに参加

2015年5月 おうちCO-OP宅配センターの職員が花巻の茶美豚飼育場を見学

2014年6月 産直市で生産者が売場で販促活動 ユーコープ片倉店にて

2013年、開発15周年を記念して組合員の皆さんから茶美豚を使ったレシピを募集しました。

にくいぜ茶美豚!

オリジナルソングもあるんだぶぅ~

やわらかくてくさみがなくおいしい!と組合員の皆さんに人気の高いコープの産地指定「茶美豚」の歌です。今日のおかずは何にしよう?

産地から季節のたよりをいただいています

産地からのたより:茶美豚の産地から

次はおいしさ

ジューシーなうま味、 やわらかい肉質の秘密は、 飼料へのこだわり

おいしさ

ジューシーなうま味、 やわらかい肉質の秘密は、 飼料へのこだわり

出荷の約2カ月前から茶美豚専用の飼料を与えます。専用飼料はトウモロコシ、マイロ※1、さつまいもまたはキャッサバ芋※2、大麦を配合。でんぷん質が豊富なので脂肪の風味を増し、うま味成分を増やします。

※1
コーリャンを品種改良したもの
※2
鹿児島の産地ではさつまいもを、岩手・茨城ではキャッサバ芋(タピオカの原料)を使用

また飼料には抗酸化作用や消臭作用のあるお茶の成分「カテキン」を加えています。これが「茶美豚」の名前の由来です。

さらにビタミンEを強化することで豚の健康な成育を助け、肉色が良く臭みの少ない肉質をめざしています。

次はコープの産地指定

指定産地で、 丹精込めて育てた豚です

コープの産地指定

指定産地で、 丹精込めて育てた豚です

茶美豚は鹿児島県60農場、岩手県4農場、茨城県1農場で生産されています。どの生産者も毎日一頭一頭の鳴き声・顔つき・動きなどを見て、いつもと様子が違う豚はいないか注意をはらい、生産履歴などをこまめに記録しています。また調子の悪い豚は違う豚房に移し、適切な治療を行うため個別に管理します。毎日体調をチェックし愛情込めて育てることが、おいしい豚肉をつくる最大のポイントです。

次は生産者の皆さんの声

豚の健康チェックを欠かさず、 心を込めて飼育 豚の健康チェックを 欠かさず、 心を込めて飼育

生産者の皆さんの声

豚の健康チェックを欠かさず、 心を込めて飼育 豚の健康チェックを 欠かさず、 心を込めて飼育

茶美豚を育てているのは、「臭みのなさ」にほれ込んだから。実際、「豚肉は食べられない」と言っていた組合員の方に「臭みがないから食べてみて」と試食をすすめたところ、「えっ?これが豚肉?この肉ならどんどん買います」と言ってくださって。このときは本当にうれしかったです。

大切に育てられている豚は人に寄ってくるのでわかるんです。またストレスが少ないほど、品質のいい豚肉になります。だから、日々愛情をこめて「おいしい豚になれよ」と優しく育てています。そして立派に育って出荷されるときには、私たちの糧となる「命」たちに敬意をはらいます。

次は徹底管理

加工から出荷までの管理も万全です 加工から出荷までの 管理も万全です

徹底管理

加工から出荷までの管理も万全です 加工から出荷までの 管理も万全です

と畜・加工工場では、徹底した衛生管理、履歴管理、品質管理を行っています。

受け入れ時に豚の健康状態をチェックし、その後部分肉に加工されるまで番号をつけて管理しています。このため生産者までわかるようになっており、 他の豚と混ざる心配はありません。また温度管理や品質の安定、異物混入がないように出荷までさまざまなチェックを重ねています。

各農場から運ばれてきた豚たち。興奮し体温が上昇しています。そのままと畜すると食味が落ちるため、シャワーを浴びさせ、一晩落ち着かせます。

ここからは素早い処理がおいしさの決め手です。流れ作業で解体します。肉色の基準など、日本格付協会の基準を満たした物のみを茶美豚として出荷しています。

解体には技術とスピードが求められます。農家さんの育てた茶美豚のすばらしい味を落とさないために、工場が一丸となってがんばっています。

次は飼料用米の取り組み

日本の農業を守るために、 茶美豚に飼料用米を給餌しています 日本の農業を守るために、 茶美豚に飼料用米を 給餌しています

飼料用米の取り組み

日本の農業を守るために、 茶美豚に飼料用米を給餌しています 日本の農業を守るために、 茶美豚に飼料用米を 給餌しています

岩手県産・茨城県産と、一部の鹿児島県の茶美豚の専門飼料にお米を5%配合しています。

この取り組みは2009年1月に開始しました。鹿児島県で飼育している茶美豚約550頭に、飼料用米5トンを配合したえさを与えたのです。2015年度は約9トン(約1,000頭)を与えています。
また岩手県で飼育している茶美豚にも2009年12月に50トン(約5,500頭分)を与えるところからスタートし、今では岩手から出荷されている茶美豚全頭がお米を食べています。
JAいわて花巻が2015年に茶美豚の飼料用米を作付けした面積は、約35ヘクタールでした。

岩手県花巻市内の茶美豚の飼料用米の田んぼでは、ユーコープの組合員や職員・パート職員が毎年5月に田植えを、10月に稲刈りを行っています。

岩手の飼料用米は毎年10月に収穫後、飼料として加工されます。12月ごろから約2万3000頭の豚に給餌し、うち約1万7000頭(飼料用米の給餌量は約210トン)が茶美豚として出荷されます。 さらに2015年3月から茨城県産の茶美豚約2万頭へも約216トンのお米の給餌をスタートしました。

日本の飼料自給率は27%。飼料に国産米を加えることで、自給力の向上に貢献できます。慣れ親しんだ肉の味を大切にするため飼料への米の配合率は5%ですが、国産飼料自給率の向上に貢献するため、一歩一歩取り組みます。飼料用米の生産は、同時に休耕田が増えている日本の田んぼを守ることにもつながります。

< 2016年7月27日更新 >

ほかのユーコープセレクション商品も見る
お買い物をするには
ユーコープの商品
ユーコープの約束
ユーコープの食と食料
コープ商品ピックアップ
野菜・果物
精肉・加工肉
海産物
牛乳・乳製品・鶏卵
デイリー食品
調味料
常温加工品・米
菓子・飲料・酒
非食品
ユーコープセレクション
野菜・果物
精肉・加工肉
海産物
牛乳・乳製品・鶏卵
デイリー食品
調味料
常温加工品・米
菓子・飲料・酒
非食品
商品情報検索
商品Q&A
みんなの声で、コープの商品をチェック!
みんなの声で育てよう!コープの商品
産直データブック

コープ商品の購入は
ユーコープのお店
生協の宅配おうちCO-OP

ユーコープが大切にしていること

ユーコープの約束
コープ商品がめざすこと
コープの産直・産地指定について
コープの産直・産地指定 5つの原則
まるごと産直
環境活動
環境活動

ご意見・ご要望を生かしています

商品・サービスを改善しました!
みんなの声で変わったね!

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて