ユーコープについて 経営基本方針

2017年度 経営基本方針

「すべては目の前の組合員のために」

指針1.組合員の立場で実践できる、人と組織をつくります。

(1)
組織全体で組合員のくらしをよく知り、組合員の声を生かす取り組みを前進させ、最後まで責任を持って応えることのできる、人と組織にします。
(2)
目の前の組合員にとってどうなのかをものさしに、経営基本方針のもと、自らの判断で実行し、自ら学び、考えていく、人と組織にします。
(3)
一人ひとりが大切にされ、私も役立っていると実感でき、経営基本方針のもと、力を結集できる、人と組織にします。
(4)
事業を担うことと同時に、地域でのつながりを、深め広げていくことを大切にできる、人と組織を目指します。

指針2.組合員の期待に事業で応え、事業構造の改革を進めます。

(1)
一つひとつの取り組みが、円滑につながり、組織全体の力を発揮することで、供給を通じた利益を増やし、コストを低減させて、継続的に収益が増える構造をつくります。
(2)
地域の中で、全事業が相互に連携し、組合員のくらしの願い、組合員の期待に事業で応え、地域の中に、組合員の輪を広げるため、お仲間づくりを進めます。
(3)
組合員の声を大切に、商品を通じて組合員のくらしを深め、組合員とともに、育て広げます。
(4)
宅配事業は、組合員とのつながりを強め、組合員のくらしに役立ち続けることができるよう、事業伸長と収益を増やし、将来にわたって、地域の中で発展できる事業にします。
(5)
店舗事業は、組合員とのつながりを強め、地域の拠点として、役割を果たすことができるよう、収益構造の改革を進め、経常剰余黒字化の土台をつくり、持続可能な事業に再構築します。
(6)
保障(共済・保険)は、一人ひとりの組合員のくらしに役立つことができるよう、心と知識、そして技術を磨き、地域の中に、ユーコープの保障を、お知らせし広げていきます。
(7)
福祉事業は、地域の利用者に寄り添い、全事業が連携した、持続的な事業活動を展開できるよう、事業環境の変化に対応できる、人づくりと体制づくりを進めます。

指針3.社会的役割を発揮します。

(1)
内外コミュニケーションを組織全体で進め、ユーコープファンの輪を大きく広げます。
(2)
利用を通じて、組合員の多様な参加が広がるよう、商品を中心にして、生産者、お取引先、組合員、そしてユーコープとのつながりづくりを、さらに強めます。
(3)
事業や活動が相互に連携し、環境、地域貢献、社会貢献、被災地支援などの課題を進め、行政や他団体とともに、くらし・地域・社会を包括できるネットワークづくりを目指します。
(4)
くらしの安全・安心、くらしの知恵、実践事例など、様々な情報をわかりやすく、見やすくする改善を進め、同時にコミュニケーションにおいて様々なチャレンジをしていきます。

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて