被災地の復興支援活動をご紹介します。

2019年12月25日

ユーコープでは、組合員の皆さまからお預かりした被災地復興支援募金を活用したり、事業を通じて、被災地の復興を応援するさまざまな取り組みを続けています。
東日本大震災の復興については継続して支援を続けています。

「被災地支援募金」2018年度報告

【過去の活動】

2018年度  2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度  2012年度

◆西日本豪雨被災地支援   ◆熊本地震被災地支援

日本生協連 復興支援ポータルサイト

「福島ふれあいサロン」参加登録・お問い合わせ


<2019年12月17・18日>福島ふれあいサロン2019年度第4回を実施しました。

組合員4名・職員1名・事務局1名で、郡山市日和田町高倉仮設住宅のふれあいサロンを実施しました。
1日目は、被災地の復興状況を視察、2日目は仮設住宅の集会室で被災された方々と手芸を通して交流しました。
見学先の「福島県農業総合センター」では、福島県産農林水産物の環境放射線モニタリングについて、「特定廃棄物埋立情報館リプルンふくしま」では、特定廃棄物の埋立処分事業について、説明を受け、福島県の環境再生と復興への歩みについて理解を深めました。

<2019年12月>【かながわ】コープふくしまへ神奈川銘菓を贈りました

横浜南地区では、“ありあけ”のハーバーと“濱うさぎ”のつぶら焼きを選びました。横浜にもたくさんの銘菓がありますが、「福島と郡山の皆さんにぜひ食べてもらいたい…」というイチオシの物をお届けしました。

<2019年12月>みやぎ生協ふれあいサロンに銘菓送付

やまなし県本部では、年に数回山梨の銘菓を「みやぎ生協ふれあいサロン」に送付しています。
今回送付した銘菓は、ワイエムカンパニーの『白桃餅』です。いろいろな果物が採れる山梨ですが、ぶどうと並んで有名なのが桃です。
チョコが入った白桃餡の周りを桃味の餅でくるんだ『白桃餅』。桃の季節とは真逆の冬真っ盛りですが、私たちの思いを感じながら『白桃餅』を召し上がっていただければと思います。