参加と交流のひろば 参加と交流レポート:被災地支援・防災

忘れない、東日本大震災。ユーコープと各地の組合員がともに取り組んできた復興支援活動をご紹介します

2016年12月 7日

ユーコープでは、組合員の皆さまからお預かりした東日本大震災復興支援募金を活用したり、
事業を通じて、被災地の復興を応援するさまざまな取り組みを続けています。


<2016年11月30日> 【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20161130_shizuoka-rizi_hisaichibusshi2.jpg


被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回はしずおか組合員理事が担当し、あたたまるスープと静岡の特徴がある珍しいものを詰め合わせて贈りました。

詳しくはこちら

<2016年11月17日~18日> 【かながわ】福島県へ行ってきました

「被災地を忘れない」の思いを込めて、福島訪問を開催しました。ユーコープかながわ県本部が企画したもので、30名の組合員が参加し、バスで現地を視察しました。

詳しくはこちら

<2016年10月20日>【かながわ】コープふくしまへ神奈川銘菓を贈りました

神奈川県横浜北2エリア会から、コープふくしまへ、イラスト入り「わが町マップ」カードを添えて横浜銘菓「横濱ハーバー」を贈りました。


<2016年10月23日~10月24日>第3回 福島ふれあいサロンへボランティア参加しました!

161023_freai_1.JPG

福島ふれあいサロンボランティア 第3弾の企画ではリボンレイ作り。福島市のふれあいサロンで組合員ボランティア1名とリボンレイの講師の方が参加しました。
ふれあいサロンのボランティアは随時募集中です!!


<2016年10月20日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20161020_cyubu3-hisaichibusshi3.JPG
被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は中部3エリアが担当し、エリア内にある「富士山静岡空港」おみやげ売場で静岡銘菓を揃え、島田市で行われた島田大祭「帯祭り」の絵はがきにメッセージを添えて贈りました。

詳しくはこちら

【しずおか】岩手県陸前高田市「ふれあいサロン」訪問

毎月、静岡県から銘菓を贈り、地域交流の場で活用いただいています。いわて生協が取り組む地域交流の場「ふれあいサロン」は、年齢を問わずに参加できる手縫い企画が人気だそうです。
「ふれあいサロン」を訪ねて一番喜ばれたことは、意外なことでした。

詳しくはこちら

<2016年9月30日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160930_cyubu2_hisaichibusshi3.JPG
被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は中部2エリアが担当し、焼津市の海の幸を使ったお菓子や珍味を贈りました。

詳しくはこちら

<2016年9月3日~9月4日>第2回 福島ふれあいサロンへボランティア参加しました!

160903_freai_2.JPGのサムネイル画像

福島ふれあいサロンボランティア 第2弾は、郡山のふれあいサロン!今回は組合員ボランティアのうち4名が参加し、ユーコープを紹介したり、ユーコープ商品を試していただいたりしました。
ふれあいサロンのボランティア参加はこれからも月1度のペースで訪問します!

<2016年8月31日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160831_cyubu1_hisaichibusshi2.JPG
被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は中部1エリアが担当し、静岡市の銘菓や名産品を贈りました。

詳しくはこちら

<2016年8月27日・8月28日>被災地から学ぶ「絆」そして...「ローリングストック」講演会を開催しました

160827_eriko.JPG

みやぎ生協の2名の理事にお越しいただき、「東日本大震災から5年、見えてきたこと」をテーマに被災者支援を通してできた地域とのつながり、震災の経験を活かしいて備える知恵「ローリングストック」についてお話いただきました。

詳しくはこちら

<2016年7月31日~8月1日>福島ふれあいサロンへボランティア参加しました!

160803_fureai_6.JPG

福島の仮設住宅で開催されたふれあいサロンへ、3県から登録された組合員ボランティアのうち3名が参加しました。前日は、ふれあいサロンに参加された方達が住んでいた浪江町を視察をしてより理解を深めました。。

詳しくはこちら

<2016年7月23日~24日>【やまなし】「復興支援・福島訪問バス企画」を開催しました

160723_yamanashi.JPG今年のコースについては『災害を知り、災害から学ぶ』をテーマに様々な施設を回りました。コープふくしまの役職員にも同行いただき交流も行う中で、私たち1人ひとりができる支援について考える機会となりました。

詳しくはこちら

<2016年7月5日~6日>【かながわ】福島県へ行ってきました

2016_7_fukushima_06.jpg「被災地を忘れない」の思いを込めて、福島訪問を開催しました。ユーコープかながわ県本部が企画したもので、33名の組合員が参加し、バスで現地を視察しました。

詳しくはこちら

<2016年7月19日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160726_shizuoka-kumikatsu_hisaichibusshi2.JPG

被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は組合員活動委員が担当し、静岡茶を使ったお菓子や「脳トレの本」を寄せ書きとともに贈りました。

詳しくはこちら

<2016年7月13日>【しずおか】コープふくしまからメッセージをいただきました

ユーコープしずおかの皆様へ
いつも、あたたかいご支援ありがとうございます。
静岡ならではのお菓子を頂き、仮設の皆さんが、まだ行ったことのない土地に思いをのせて、話が明るくなり、笑顔が増しています。

詳しくはこちら

<2016年6月24日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160624_tobu3_hisaichibusshi2.jpg

被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。静岡県内の9つのエリアでは、交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は東部3エリアが担当し、静岡のコマーシャルでおなじみ銘菓「富士の白雪カスタード」を組合員の寄せ書きとともに贈りました。

詳しくはこちら

<2016年5月31日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160601_tobu2_hisaichibusshi3.jpg

被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。静岡県内の9つのエリアでは、交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は東部2エリアが担当し、駿東郡小山町の道の駅で、昔話「金太郎」や富士山をテーマにしたお菓子を組合員の寄せ書きとともに贈りました。

詳しくはこちら

<2016年5月7日>【かながわ】コープふくしまへ神奈川銘菓を贈りました

IMG_3401.jpgのサムネール画像

神奈川県湘南地区のエリア会では、コープふくしまの福島市地域と郡山地域で取り組まれている「ふれあいサロン」へお菓子を贈りました。

詳しくはこちら


<2016年4月15~16日>【しずおか】福島県へ行ってきました

20160415_shizuoka-kawai-fukushima5.jpg静岡県内のユーコープ組合員35名と福島県沿岸部を経由し、福島市へ行ってきました。
震災以降、運航休止となっているJR常磐線の区間の線路は錆び、雑草も背が高くなり、5年の月日の長さを感じました。

詳しくはこちら


<2016年4月12日>【しずおか】コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協へ静岡銘菓を贈りました

20160412_tobu1_hisaichibusshi.JPG

被災地では、先を見通せず不安な状況で暮らしている方がたくさんいます。静岡県内の9つのエリアでは、交代制で毎月コープふくしま、みやぎ生協、いわて生協で行われている地域交流の場で活用していただくお菓子などを贈っています。今回は東部1エリアが担当し、伊豆の名産を使った、この店限定お菓子を組合員の寄せ書きとともに贈りました。

詳しくはこちら


<2016年3月30日>【かながわ】「福島の子ども保養プロジェクトin神奈川」に40人の子どもたちが参加しました

2016.0330_Fukushima-rest-project_s .jpg 3月30日から4月2日、三浦ふれあいの村に、福島の子どもたち40名を招いて「福島の子ども保養プロジェクトin神奈川」を開催しました。この取り組みは、福島第一原子力発電所の事故による被災地域の子どもたちに、放射線の低い地域でのびのびと過ごしてもらうことを目的に、ユーコープも参加した実行委員会で開催したものです。 学生や組合員ボランティアにもご協力いただき、日産スタジアム見学やカレー作り、肝だめし・花火、イチゴ狩りなど盛りだくさんの企画に、子どもたちは大満足していました。

詳しくはこちら


トップに戻る

参加と交流レポート:被災地支援・防災

熊本地震の募金・支援活動の取り組みはこちら

2015年度の取り組みはこちら

2014年度の取り組みはこちら

2013年度の取り組みはこちら

2012年度の取り組みはこちら

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて