参加と交流のひろば 参加と交流レポート:くらしの見直し

【しずおか】くらしの見直し講演会「いざという時!『妻の財産』を守る術」5つの鉄則を開催しました

2017年10月13日

こんにちは、LPAの会です。
9月26日、ファイナンシャルプランナーであり、終活アドバイザーの山田静江氏を講師にお招きし、ミオクチーナ小豆餅店(浜松市中区)にて、くらしの見直し講演会「いざという時!『妻の財産を守る術』5つの鉄則」を開催しました。

妻としての人生の転機として、(1)夫の病気・介護・障がい、(2)夫の死亡、(3)離婚、(4)相続(夫、親など)が考えられます。いざ、そうなったときに、あわてなくて済むように、今からできることをお話ししていただきました。


講座の内容を抜粋してお伝えしますね。


20170926_shizuoka_kurashinominaoshikouenkai.JPG

自分名義の金融資産を増やしましょう

預金通帳や生命保険、家、車・・・。財産は、原則名義で判断されます。

わが家の財産を整理しておきましょう

  • 財産が家だけの場合、遺産分割のために家を売らなくてはならない事態も起こりえます。
  • 借金やローンなどのマイナス財産も相続の対象となります。

国や会社の制度を確認しましょう ・・・特に、厚生年金には手厚い制度があります

  • 障害厚生年金:配偶者の加給年金も付いてきます。ただし、厚生年金加入中に初診日であることが前提です。
  • 遺族厚生年金:妻の年齢条件はありますが、妻への加算(中高齢寡婦加算)があります。

生命保険や医療保険の確認をしましょう

  • 死亡保険金には、相続人が受け取った場合、非課税枠(500万円×相続人の数)があります。
  • 死亡保険金(契約者と被保険者が同じ場合)は、遺産分割の対象ではなく、指定されている受取人固有の財産となり、手続きも1人でできます。かつ、短期間で保険金を受け取れます。
  • 未請求の入院給付金は、遺産分割の対象です。支払いのたびに、こまめに請求するのがよいかもしれませんね。

※ 遺産分割の対象となった財産は、相続人全員の承諾がないと動かすことができません。

相続人が誰になるか、調べておきましょう

  • 遺産分割で、もめた時などの目安として、法定相続分が定められています。
  • 子のいない配偶者は、すべての財産を受け取れない可能性もあります。公正証書遺言の活用をお勧めします。
  • 1人親の場合、その親の死亡時に、子どもの後見人(保護者)をすぐに決めるには、未成年後見人を指定した公正証書遺言が有効です。




参加者の感想

  • 相続のことは大変そうなので、今から少しずつ準備が必要だと思いました。
  • わからなかったことが話を聞き、理解できました。
  • はじめて知ることばかりで勉強になりました。年金の話はいろいろあるので、もっと聞きたい。ためになるものでよかった。
  • わかりやすくてよかったです。コープだと少人数開催なので安心して参加できます。参加者が女性だけでしたので、聞きにくい話もプロの人が説明してくれて、とてもありがたいです。(しかも無料)



LPAとは、生協のライフプランアドバイザー。
組合員皆さんの保障をはじめ、ライフプラン作りなど、くらしのお金全般にわたって、悩みごとの解決のお手伝いをしようと活動しています。




この件についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

ユーコープ しずおか県本部

TEL:0120-71-8107(受付時間:月~金曜日 9時30分~17時)

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて