参加と交流のひろば 参加と交流レポート:くらしの見直し

【しずおか】FP入門講座「知って得する税金」を開催しました

2017年9月 7日

こんにちは、LPAの会です (^o^)
FP入門講座5回目「知って得する税金」を開催しました。

講座の中身を少しだけお伝えしますね。

20170711_shizuoka-fpnyumon.JPG

「収入」と「所得」は違うもの!! 所得税は、「所得」に掛かります。

就労している人の所得は、「 収入金額必要経費所得 」です。

ですから、会社員などの方の場合は「 給与給与所得控除所得 」となります。

「源泉徴収票」を知ろう

  • 源泉徴収票は、1月1日~12月31日までの1年間の「収入」「支払った社会保険料」「控除」「納めた所得税」が記載されたものです。
  • 収入が同じであれば、控除(配偶者控除、扶養控除など)が多くなると、納める所得税は少なくなります。住宅ローン控除や医療費控除など、いろいろな控除を知ることも大切です。
  • 「所得控除」と「税額控除」同じようでも、所得税の軽減額が違います。
    「所得控除」は、課税対象となる所得を少なくします。
    「税額控除」は、所得税額から控除できるので、控除額がそのまま所得税の軽減額となります。



相続税の基礎

  • 相続税の基礎控除額は「 3,000万600万 × 法定相続人の数 」です。事実婚の配偶者や認知されていない子は、法定相続人となれません。
  • 子どもがいない場合、配偶者がすべての財産を受け取れない可能性があります。遺言や「公正証書遺言」の準備の検討もしましょう。

「公正証書遺言」とは?

「公証役場」という公共機関(官公庁)で公証人に作成してもらう遺言書のことです。

「相続税」よりも「贈与税」のほうが負担は重い

  • 1月1日~12月31日の1年間に110万円を超える財産をもらったときに、もらった人に贈与税がかかります。
  • 死亡保険金の契約で、契約者、被保険者、受取人がすべて異なると、贈与税の対象となります。(例えば、契約者が夫、被保険者が妻、受取人が子ども)



参加者の感想

  • 普段何気なく納めている税金について、非常にわかりやすく納得できる話が聞けてよかった。
  • 源泉徴収票の計算を家でもやってみようと思います。このような講座があるならまた参加したいです。
  • まだ相続などの経験はありませんが、贈与、相続を理解できたことで、例えば生命保険の契約者、受取人など見直しをしようと思いました。
  • 税金は毎月払っているのに知らないことが多いと思いました。またテキストを見直します。
  • 相続税対策は、準備がたいせつ!!
  • 5回参加させていただいて楽しくためになりました。またこのような機会があれば参加したいと思います。



LPAとは、生協のライフプランアドバイザー。
組合員皆さんの保障をはじめ、ライフプラン作りなど、くらしのお金全般にわたって、悩みごとの解決のお手伝いをしようと活動しています。




この件についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

ユーコープ しずおか県本部

TEL:0120-71-8107(受付時間:月~金曜日 9時30分~17時)

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて