参加と交流のひろば 参加と交流レポート:平和と国際支援

ユニセフ支援活動

2016年12月 9日

150831unicef.jpg生協の「協同」の精神と、子どもたちを支援するユニセフの考え方が一致していることから、各県でそれぞれ組合員の皆さんと支援活動を進めています。

お預かりした募金は日本ユニセフ協会から、ニューヨークのユニセフ本部に送金されます。本部は各国の子どもの状況をみて、ユニセフ現地事務所にお金を送り各国政府と協力して、世界で子どもたちのための活動に使われます。

ユーコープを通じてご協力いただけるユニセフ支援募金

一般募金 子どもたちを守るユニセフの活動全体を支え、保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護など、150以上の国と地域で行われているユニセフの活動全体を支えていただく募金です。
指定募金 特定の活動分野や地域を指定して、ご支援いただく募金です。2014年~2018年の5年間、アジアでもっとも児童労働が多い国ネパールの子どもたちを守るために、「児童労働と闘う ネパール指定募金」を呼びかけています。
また世界の子どもたちを支援する目的で、毎年6月~8月に取り組んでいる「みるくぼきん」も、この「児童労働と闘う ネパール指定募金」を寄付先のひとつにしています。
緊急募金 地震や津波、洪水、台風などの自然災害や、紛争で被災した子どもたちに早く支援を届け、日常生活の早期回復を目指すユニセフの緊急・復興支援活動を支える募金です。緊急でご協力の呼びかけをさせていただきます。

お預かりした募金は日本ユニセフ協会から、ニューヨークのユニセフ本部に送金されます。本部は各国の子どもの状況をみてユニセフ現地事務所にお金を送り、各国政府と協力して子どもたちのための活動に使われます。


児童労働と闘うネパール指定募金 ユニセフの指定募金に取り組みます

ユーコープでは2014年1月より2018年12月まで、5年間の計画で"児童労働撲滅ネパールの子どもたちに希望を"(以降、ネパール指定募金とする) に取り組んでいきます。子どもの保護分野事業である「児童労働」の問題に対し、アジアの中で児童労働に従事する子どもの最も多い国の1つであるネパール に、直接の支援活動を支援していきます。

NEW! 2016年11月の現地視察レポートをアップしました。

世界の子どもたちを支援する目的で、毎年6月~8月に取り組んでいる「みるくぼきん」も、この「児童労働と闘う ネパール指定募金」を寄付先のひとつにしています。


  • 採石場で働く7歳の女の子

    採石場で働く7歳の女の子。建築に使う石を手作業で掘る。

  • レンガ工場で働く男の子

    レンガ工場で働く男の子。

  • 採石場で働いている様子

    採石場で働いている様子。

  • 家事労働をしている子どもたち

    家事労働をしている子どもたち。

どうしてネパールに支援するの?

ネパールは人口約3000万人、国土は14.7万平方㎞(北海道の1.8倍)インドと中国チベット自治区に隣接、首都はカトマンズ、世界最高峰エベレストを含むヒマラヤ山脈の玄関口として、近年観光業が盛んになっていますが主要産業は農業です。多民族(125)・多言語国家、仏教とヒンズー教が混然一体となり、子どもが働くことは当然と考える文化が一般的であることに加え、カースト制度・ジェンダー・地域格差(都市部と地方)などが複雑に絡み合い、子どもをとりまく状況は大変厳しいのが現状です。

国民一人あたりの年間所得は約540ドル(約5万円)

貧困ライン(1日1.25米ドル以下)でくらす人の割合は4人に1人と、アジア最貧国のひとつになっています。

29%の子どもが中・重度の低体重、41%の子どもが発育阻害の状態にあります。

このページのTOPに戻る

ネパールでの児童労働とは?

ネパールの地図

ネパールにおける児童労働の実態と数値(Nepal Child Labour Report 2012より)

  • 5歳から17歳の子ども160万人(20.6%)が児童労働を行っている。
  • 5歳から17歳の子どもの62万人(8%)は危険な仕事に従事している。
  • 都市、地方とも男の子より女の子が多い。
  • 児童労働者の76%は14歳以下である。
  • 12%の子どもは出稼ぎ労働者である。そのため家族の保護外である。

児童労働の国際条約の定義とは、15歳未満(途上国は14歳未満)つまり義務教育を受けるべき年齢の子どもが教育を受けずに大人と同じように働くことと、18歳未満の危険で有害な労働。

このページのTOPに戻る

支援活動内容

現地でのユニセフ支援プロジェクト(下記のような計画)としては、2015年1月から5年間の実施を予定しています。

児童労働や他の危険に防止・対応するために国家的な子ども保護システムの育成・強化。

有害な児童労働にかかわっている子どもたちや、虐待・ネグレスト・搾取などの被害にあっている子どもたちの防止や救助、復帰のための質の良い社会支援の提供。

「子どもにやさしい司法」を提供。

社会意識を高める啓蒙活動の提供。

活動報告

2016年5月にユニセフ・ネパール事務所より提出された子どもの保護プログラム「児童労働と闘う」の第1次報告書です。
第1次報告書 (神奈川県ユニセフ協会ホームページへリンク)

2016年11月に神奈川県ユニセフ協会と支援生協が現地視察を行った際の様子です。ユーコープからも2人が参加しました。
ユニセフ「児童労働と闘うネパール指定募金」現地視察の報告

ユーコープでは、2014年1月から2018年12月末までの5ヵ年、「ネパール指定募金」に取り組みます。応募実施期間:2014年1月~2018年12月末

おうちCO-OPでの募金は、下記の申し込み番号を注文用紙に記入してください。※ポイント残高が募金の合計金額に満たない場合、募金できません。一口の金額が100円の場合:コード4169、ポイント使用3872。一口の金額が1000円の場合:コード4165、ポイント使用3873。名称:ユニセフネパール指定募金(通年)、用途:ユニセフ「児童労働撲滅ネパールの子どもたちに希望を」プロジェクトを支援します。

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて