参加と交流のひろば 参加と交流レポート:被災地支援・防災

【かながわ】2017年度第2回「福島訪問」を開催しました。

2017年11月20日

2017年11月15日~16日の日程で、「被災地を忘れない」の思いを込めて、かながわでは今年度2度目の福島訪問を開催しました。ユーコープかながわ県本部が企画したもので、27名の組合員の皆さんにご参加いただきました。

1日目は、双葉郡富岡町周辺と浪江町を中心に「被災地 福島」の現状を視察しました。

20171115kanagawa_2.jpg 20171115kanagawa_1.jpg
ところどころに倒壊したままの家屋がそのままに・・・

広大な敷地に汚染された土などを詰めた「フレコンバッグ」が
置かれていました。

20171115kanagawa_3.jpg 20171115kanagawa_4.jpg
富岡町子安橋付近。第2原発が遠くに見えます。


2日目は、人気のコープ商品「だしつゆ四季の味」を生産している内池醸造株式会社の工場を訪問しました。

20171116kanagawa_1.jpg 20171116kanagawa_2.jpg
内池醸造さんでの学習会の様子 工場内では、専用の帽子と服を着て、だしつゆ四季の味の生産ラインなどを見学しました。


参加者の感想(抜粋)
・震災から6年8か月経ち、初めて被災地を訪れましたが、復興は遅々として進んでいないと思いました。
・浪江駅周辺などでは、家はあるが、人っこ一人いない状況を目にし、身につまされる思いでした。
・バスの中でのビデオ上映とても感動しました。福島まけないで!
・震災当日からの話を聞き、きれいな住宅は地震にも耐えたのに、バリケードで囲まれ、ゴーストタウン化した姿を見て、胸がいっぱいになりました。
・2日間で見た事、感じた事を帰って必ず仲間に伝えたいと思います。頑張って下さい。
・暮らしの再建が少しずつではあるが前進しているが、風評被害の克服がほとんど進んでいない事を痛感しました。
・福島県産の商品を買い支えることでの応援を続けて行きたいまた、声を大にして、福島県産商品の安全性を訴えていきたい。
・福島へ来ることは、一番の復興になるとのお言葉で、子どもを連れて福島へ来よう!と思いました。
・地震、津波、原発の三重苦に長々苦しまれているとのこと、本当に同情に耐えません。震災後のお話を聞かせて頂くたび、神戸での不安な気持ちだった 震災直後の避難生活を思い出します。
・コープふくしまの職員の方のお話にジーンと来ました。地道な活動の中で心優しく声掛けする姿が目に浮かびました。笑顔でつらい話をしてくれてありがとうございました。

20171116kanagawa_3.jpg

今回の訪問を通じて、見たこと感じたことを一人でも多くの方にお伝えし、一日も早い復興のために今後も支援していきます。
ご協力いただきましたコープふくしまの皆さま、内池醸造の皆さまに心より感謝申し上げます。

この件についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

ユーコープ かながわ県本部

TEL:045-305-6116(受付時間:月~金曜日 9時30分~17時)



サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて