環境・社会貢献活動 事業から環境を考える

配達直前にキャンセルとなった食品を、食べ物に困っている方の自立支援団体へ寄贈

2016年9月15日

山梨県内ではユーコープ初のフードバンク活動

宅配でキャンセルされた食品の寄贈活動をスタート!
食べ物に困っている方の自立を支援

130327-1people.jpg


ユーコープでは、先行しているフードバンク活動を行っている神奈川県おうちCO-OP平塚センターに続いて、山梨県と静岡県の2カ所のおうちCO-OP宅配センターで、配達直前にキャンセルが出た商品を寄贈する「フードバンク活動」を始めます。

160916cancel.gifユーコープの宅配事業「おうちCO-OP」は、前週に組合員が注文した商品を翌週の同曜日に配達しています。
しかし、やむを得ない事情で、組合員が配達直前に注文をキャンセルすることがあります。

これまで廃棄処分の対象となっていましたが、今回の取り組みによって常温の食品を生活に困っている方々への食料支援という形で活用できることになりました。
お渡しする食品は、キャンセル品のうち中身に何も問題がなく、賞味期間が1ヵ月以上残っている常温品です。

※平塚センターでは2014年6月よりセカンドハーベスト・ジャパンに配達直前にキャンセルが出た商品を寄贈しています。


<山梨県では>

山梨県内ではユーコープ初のフードバンク活動となります。
甲斐市社会福祉協議会からの要請に応え、おうちCO-OP若草センター(山梨県南アルプス市)でキャンセル品を同協議会の「パーソナルセンター」へ隔週金曜日に寄贈することを決めました。
甲斐市内在住の生活困窮者(DV被害や病気や怪我による離職者、母子家庭など)へ配布されます。

初回の贈呈式は、9月21日(水)13時30分より実施します。

<静岡県では>

宅配事業「おうちCO-OP」では2014年9月から、物流センター(神奈川県座間市)で発生するパッケージ破損品や余剰品など中身に何も問題がない常温食品を、おうちCO-OP静岡センター経由でNPO法人「フードバンクふじのくに(静岡市)」へ提供しています。スタートから2年間でお渡しした量は16,530点(400万円相当)となりました。

静岡センターでは9月23日(金)より、上記若草センターと同様に、組合員による注文キャンセル品のお渡しも始めます。これらの食品は「フードバンクふじのくに」からさまざまな支援団体を通じて、生活に困窮している方へ提供されます。

■静岡県内では店舗でもフードドライブ活動を実施
今年1月にユーコープ島田おびりあ店(静岡県島田市)で、8月には静岡県内の全17店舗で、組合員に"家庭に眠っている食品"の提供を呼びかけました。各店舗で出た陳列期限を過ぎた食品も合わせ、2回の活動で合計584.7kgの食品を「フードバンクふじのくに」にお渡ししました。今後もこの取り組みを継続していく予定です。

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて