ユーコープの商品 ユーコープの食と食料

顔が見える産直

産地・生産者とのつながりを深め、さまざまな取り組みを進めています

もっと安心、もっとおいしく! コープの産直・産地指定

「コープの産直」は単なる産地直送ではありません。ユーコープと産地が直接つながる「産地直結」の取り組みです。生産者や生産方法、流通方法が明確で、「より安全」「品質の良さ」「おいしさ」「環境への配慮」をめざしています。

つくる人と食べる人を結ぶ
ユーコープでは1972年、静岡の志太(しだ)園芸のいちごを皮切りに、産直商品を増やしてきました。ユーコープの職員・組合員が産地で生産者と意見を交換したり、生産者がユーコープのお店で自分の商品を組合員におすすめするなどの交流を大切にし、信頼関係を築いています。今では野菜・果物・米だけでなく「コープの産地指定」として畜産や水産にも広がっています。

「コープの産直」「コープの産地指定」マークについて

野菜・果物

コープの産直マーク

芽吹いたばかりの双葉の形に、産地との取り組みが大きく育つよう願いが込められています。下の葉は土台となる信頼関係、上の葉はより高みをめざす品質保証を表しています。

鮮魚

コープの産地指定マーク

寄せては返す勢いのある波をイメージ。産地とともに取り組み、交流することで強い信頼関係が育つよう願いが込められています。上の波は品質保証、下の波はそれを支える信頼関係を表しています。

コープの産直・産地指定マーク(精肉)一覧

コープの産直・産地指定とは

1)
組合員の多様な参加があります
2)
生産地、生産者、生産・流通方法が明らかです
3)
生産から流通まで品質保証システムをもって、鮮度・食味の維持・改善に努力しています
4)
生産者と、自立・対等なパートナーシップで進めます
5)
持続可能で環境に配慮した生産・流通を進めます

自然環境を大切に グリーン・プログラム

グリーン・プログラムマーク

3つの葉は、それぞれ(1)生産者との信頼関係、(2)品質保証、(3)環境への配慮を表しています。

「コープの産直」の野菜・果物・米で、化学合成農薬と化学肥料を地域の基準の半分以下に削減している商品、および「コープの産地指定」の精肉・鮮魚で、動物用医薬品や飼料添加物を減らしている商品です。
これらの化学合成物質の使用を極力抑えることで、環境への負荷の軽減をめざしています。

産地ともっとつながる まるごと産直

まるごと産直マーク

産地を応援する組合員と生産者の思いをつなぎ、よりおいしく安心な産直の輪を広げます。
現在はながさき南部生産組合ふらの農業協同組合花巻農業協同組合の3つの産地と協定を結び、その産地の作物はすべて「コープの産直」です。

「コープの産直」と「まるごと産直」の違い

「コープの産直」は商品ひとつひとつを産直認定したものです。
「まるごと産直」は生産者団体や農協などの産地単位で、その産地の商品はまるごと全部「コープの産直」品と認定するものです。

「産直」と「まるごと産直」の違い「産直」と「まるごと産直」の違い

まるごと産直の取り組み

ユーコープでは「産直」を強化するために、商品の品質安定や数量の確保、生産コストの削減などを地域単位で年間を通じて取り組むことができる 「まるごと産直」を進めています。社会や流通環境が大きく変化し、農業を取り巻く環境は年々厳しくなっています。ユーコープでは、この「まるごと産直」の取り組みにより、少しでも日本の農業を応援し、それが組合員のくらしを守ることにつながっていくことを願っています。現在ユーコープは「ながさき南部生産組合」、「ふらの農業協同組合」、「花巻農業協同組合」と協定を結び、「まるごと産直」に取り組んでいます。

「まるごと産直」の定義

ユーコープと「まるごと産直」の協定を結びます。

1)
一定の取り引き規模で、安定した取り引きが可能
2)
多品種で扱い期間が周年可能
3)
先進事例の取り組みの実績
4)
組合員・ユーコープ役職員と交流活動の積み重ねがある
5)
ユーコープの商品政策実現を双方で目的を持って取り組んでいくことができる産地
ユーコープの商品トップ

ユーコープセレクション

野菜・果物
精肉・加工肉
海産物
牛乳・乳製品・鶏卵
デイリー食品
調味料
常温加工品・米
菓子・飲料・酒
レシピClip
ユーコープの考える「食の安全・安心」
ユーコープの品質保証の取り組み
商品検査センター
放射性物質に対する考え方
ユーコープの約束
ユーコープの食と食料
商品Q&A
商品情報検索
みんなの声で、コープの商品をチェック!
産直データブック