お知らせ

神奈川県より「地域見守り活動」による人命救助活動に感謝状をいただきました

2017年11月30日



2017年11月28日(火)に神奈川県による「地域見守り活動に関する感謝状贈呈式」が行われ、
「人命救助に繋がった活動」としておうちCO-OP横浜南部(配食)センターと横浜新山下センターが黒岩神奈川県知事より感謝状を受け取りました。


DSC_0898.JPG

















黒岩神奈川県知事(写真中央)から感謝状を受け取った、おうちCO-OP横浜南部センター 石田センター長(写真左)とおうちCO-OP新山下センター 高橋センター長



横浜南部配食センターの事例

 配送時にいつものように声をかけたら玄関のすぐ先の寝室から「起こしてくれ!!」という声があり、意識はあったが身体が動かなく倒れている組合員を発見した。
その後、119番通報し救助を依頼した。


横浜新山下センターの事例
 配達時に組合員が出て来られたが足元がフラフラして顔色も良くなく、家の中で嘔吐してしまい、倒れてしまった。
「救急車を呼びます。」とのスタッフの呼びかけに「平気。」と返事されたので、センターに指示を仰いだ。
センターからの指示で組合員を説得して救急車を手配、救急隊員が到着するまでスタッフが付き添った。


DSC_0891.JPG

















今年は人命救助に繋がった活動で15事業所、継続的な地域見守り活動で21事業所が感謝状を授与されました。


神奈川県は個人宅を訪問する事業者と「地域見守り活動に関する協定」を締結し、市町村や警察、消防とも連携した地域見守り活動を進めています。
ユーコープでは2012年に神奈川県と協定を結び、宅配サービス「おうちCO-OP」と夕食宅配「マイシィ」の担当者が配達業務の中で見守り活動を継続しています。


配達中に担当者が異変を察知し、ユーコープとして緊急連絡先や地域の窓口へ通報する件数は年々増加しています。

キャプチャ.PNG-1.PNG






2017年度上半期も既に通報数は神奈川・静岡・山梨3県合わせて39件を超え(2017年9月20日現在)、そのうち救命や異変の発見につながった事例は14件となっています。
ユーコープは今後も日常の配達業務を通じ、地域に貢献して参ります。


詳しくはこちらから コープの見守りサービス

神奈川県庁 ホームページ:人命救助に繋がった地域見守り活動を表彰します!



サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて