食品一般

2008年5月20日
お酒やみりんに表示されている「醸造アルコール」はどのようなものですか?

醸造アルコールは、日本酒などの酒類や食酢、みりんの原材料に使われる無色透明のアルコール(醸造アルコールのエタノール)です。

醸造アルコールの主な材料はサトウキビ、てん菜など砂糖を製造する工程で出る廃糖蜜や麦・とうもろこしなどのでんぷん質を糖化したものが使われます。

糖化した原料はアルコール発酵され、連続式蒸留機で精製し100%近くなるまで純度を高めたものです。