冷蔵・冷凍品

2013年9月 6日

「CO・OPコーヒーフレッシュ」をずっと冷蔵庫で保存していたら分離してしまいました。

冷蔵庫の冷気の吹き出し口の近くなど、極端な温度変化により分離や固化することがあります。
コーヒーフレッシュ本品を冷蔵庫で保存する場合は5~10℃が最適です。冷気吹き出し口付近を避けて保存をお願いします。常温で保存する場合は直射日光や高温の場所はお避けください。
中身が分離すると、熱いコーヒーに入れた際に油滴が表面に浮き、アイスコーヒーに入れた場合は細かい白粒が浮きます。しかし風味にさほど影響はなく、常温で振れば元に戻り、コーヒーにも正常に溶けるようになります。
万が一腐敗による凝固が生じた場合は振っても元に戻らず、腐敗臭がしますのでご注意ください。

CO・OPコーヒーフレッシュ