冷蔵・冷凍品

2015年8月28日

牛乳を購入し開封後冷蔵保存しました。2日後再び飲もうとしたら中身がヨーグルトのようにドロドロになっていました。なぜでしょうか。

開封時に外気中の細菌が混入し、冷蔵保存中に増殖した可能性が考えられます。

細菌に汚染された牛乳が酸性になったことで、牛乳中のカゼイン(乳タンパク質)とホエー(乳清)が凝固して分離・沈殿する「酸凝固」が起こったものと思われます。細菌の中には10℃以下でも増殖する低温細菌が存在し、冷蔵庫の中でも増殖します。
夏場など気温が高くドア開閉の多い時期は冷蔵庫内の温度も上がりやすくなります。特にドアポケット付近は温度が高くなりがちなので、保存場所にも十分に注意が必要です。開封後は賞味期限にかかわらず、早めにご利用ください。

150629更新