参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【かながわ】「熊八さんと考える “たべる、たいせつ”」を開催しました

2016年7月12日

ts_食べるたいせつpho_1.png

2016年7月11日、横浜市社会福祉センターにおいて、 「熊八さんと考える "たべる、たいせつ"」を開催し、約200人が参加しました。

第一部は、お二人の講師からお話しいただきました。

料理人 森野熊八さんからは、「もったいないが食育の基本」をテーマに、幅広い料理の知識を背景に、「もったいないこと」をやめよう、そのために正しい知識を持つことの大切さについてお話しいただきました。

農林水産省 関東農政局 鶴岡佳則さんからは、「未来へつなごう!子どもの食育」をテーマに、「第3次食育推進基本計画」をベースに、食育が必要になった背景や、体験する機会や幅広い連携の大切さについてお話しいただきました。


第二部は、ユーコープのメンバーも加えて5人でトークショーを行い、「好き嫌いをどう考えたらいいか」、「ライフスタイルと食生活の変化にどう対応したらいいか」、「体験する場づくりや幅広い連携についてどう進めていったらいいか」などが、楽しい雰囲気の中で話されました。
引き続き、ユーコープとして、食育の大切さを考える場を提供すること、幅広い連携の中で食育の取り組みを進めていきたいと考えています。