参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【しずおか】「静岡県産こだわりの純米大吟醸・蔵元見学」をしました

2015年11月13日

こんにちは、組合員活動委員の勝又です (^o^)
今回、組合員20名と一緒に「 静岡県産こだわりの純米大吟醸 」の醸造所、花の舞酒造(株)を見学しました。

 

まずは、工場外の見学です。
お酒の貯蔵タンクだそうで、その容量は50,000リットル!!

20151112_hananomai1.JPG

 

工場内の精米機前には、日本酒の原料となる米「山田錦」の玄米がありました。
組合員活動委員・河合さんが持っている玄米を・・・

20151112_hananomai2.JPG48時間から54時間かけて、ゆっくりとお米を回転させながら5割にまで精米させるそうです。
写真(下)のお米、精米されて白く見えますが、まだ4割だそうです。

20151112_hananomai3.JPG

大吟醸のお酒をつくるために、原料のお米「山田錦」は、玄米の半分まで精米しています。精米で出たヌカの部分も、お酒や焼酎、家畜の飼料など無駄なく利用していることでした。

 

精米したお米は、乾燥させて貯蔵し、水分を11%にまで戻してから洗米するそうです。
洗米は水を泡状にしてお米をこわさないように工夫しているそうです。

20151112_hananomai4.JPGこちらが「洗米機」です

 

醸造タンクの見学では、手を仰いで香りを確認しました。仕込んで間もない若い酒はバナナのような香りでさっぱりとしていました。行程がすすむにつれて発酵の泡の量が増え、アルコール臭が濃く、出荷前の醸造タンクは、じわじわと細やかな泡が一面に盛り上がっていました。
手旗を持っている事務局・坂本さんの前(写真左)にある貯蔵タンクが「静岡県産こだわりの純米大吟醸」専用のタンクです。

20151112_hananomai5.JPG

 

いよいよ試飲・・・なのですが、日本酒が得意でない私 (#^.^#)
参加された組合員さんに感想を聞きました。

・興味があって参加しました。発酵していく様子がよくわかりました。フルーティーな香りは、本当にバナナの香りですね。今日は車で来たので、試飲できなくて残念です。
・瓶詰めすると味が変わってしまうそうなので、普段飲むことのできないお酒を味わうことができてよかったです。
・とてもおいしいです。飲みやすくてすすみます。
・おみやげ売り場で購入して、今夜、楽しみたいです。

 

副杜氏(とうじ)の青木潤さん「今年の長雨の影響で山田錦はやわらかめでしたが、とてもおいしいお酒に仕上がりそうです。どうぞ楽しみにお待ちください。」
今年の「静岡県産こだわりの純米大吟醸」は、宅配は12月3週から、店舗は12月14日(月)からご案内の予定です。

 

この件についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。

ユーコープ しずおか県本部

TEL:0120-71-8107(受付時間:月~金曜日 9時30分~17時)