参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【かながわ】コープで体験・学ぶ会 「あしがら茶秋茶摘み&手もみ茶づくり」体験に行ってきました!

2015年10月13日

20151010_asigara_1.jpg日 時:2015年10月10日(土)曇り
場 所:神奈川県農協茶業センター(足柄上郡山北町川西) 茶畑(南足柄市狩野付近)
参加者:24家族43名(大人30名、子ども13名)
協 力:(株)神奈川県農協茶業センターのみなさん

かながわ県内の産地を訪問し、CO・OP商品になる過程を体験や生産者と交流通して現状を学ぶ「コープで体験・学ぶ会」の企画として、今回は、CO・OP商品「煎茶あしがら」の産地と生産工場である(株)神奈川県農協茶業センターを訪問しました。
お茶は、年3~4回収穫し、今回は、秋茶摘みの体験と、その新茶を使った、お茶づくり(手もみ茶体験)とおいしいお茶の入れ方などを生産者の指導の下、参加者が体験しました。

 

20151010_asigara_all.jpg

20151010_asigara_2.jpg 20151010_asigara_3.jpg 20151010_asigara_4.jpg
 午後は、レンジとホットプレートを使い手もみ茶体験をしました。出来上がるにつれ香ばしいお茶の香りが部屋いっぱいに広がりました。 最後の一滴(ゴールデンドロップ)を注ぐ おいしいお茶の入れ方講習会では、お湯の適温は80℃で、いったん湯飲みに入れてから急須入れて均等に入れるのがコツだそうです。

《参加者の声より》

・あしがら茶は、まろやかでおいしい!
・はじめての体験で、新鮮でした。お茶のいい匂いがして、空気も澄んでいて気分最高でした。
・お茶の作り方がわかってよかった。本当に手作りで出来たのでちょっと感激しました。
・神奈川県民として、まさか,お茶畑があったとは、驚きとうれしいです。必ず、あしがら茶を買います。
・お茶の新芽がこんなにやわらかいとは、・・・改めて育てるご苦労がわかりました。