参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【かながわ】伊勢原米「作って食べちゃう会」 第4回 「稲刈り&収穫祭」を開催しました

2015年10月 7日

日 時:2015年10月3日(土)
場 所:伊勢原市大田付近の田んぼ
参加者:21家族 74名(大人 39名、子ども 35名)
協 力:れんげの会元気村、JA全農、JAいせはら 、日本生協連


伊勢原米「作って食べちゃう会」第4回の企画として「稲刈り&収穫祭」を行いました。参加者全員が、鎌を使って稲刈りを行い、コンバインでの収穫や脱穀を見学しました。
「春に自分たちが植えた稲がこんなに育ったんですね」という感想も聞かれ、主食として毎日食べている「お米」ができるまでを年間を通して学ぶことができました。
生産者の内藤さんとJAの皆さんのご協力なくしてはできない企画でした。本当にありがとうございました。
田んぼの生きものとのふれあいや、農業の楽しさと大変さが実感できる企画、生産者と参加者同士が交流できる企画を、今後ともすすめてまいります。

2015_isehara_4_5.jpg

2015_isehara_4_3.jpg

稲刈りの後は、バケツ稲の品評会と、参加者の交流を行いました。5家族の方が自宅で育てたバケツ稲を持参され生産者の方から育て方のポイントなどを教えていただきました。
交流会の後は、お楽しみの収穫祭! コープ商品の「鮭荒ほぐし」や「とりそぼろ」、「のり佃煮」、「ひとくちたらこ」などを、炊き立てのあたたかい伊勢原米にのせて、おいしくいただきました。自分たちで作ったお米は格別な味だったのではないでしょうか?

 

 

 

♪参加者の声♪
・季節の変化と稲の成長の良いところどりで体験でき、充実した企画で楽しむことができました。
・収穫は理屈抜きで楽しい。とても良い思い出になりました。
・普段乗れないコンバインに乗れたり、かまでの稲刈り体験が新鮮だった。
・コンバインの迫力にも驚きました。