参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【かながわ】伊勢原米「作って食べちゃう会」第4回稲刈り・収穫祭を開催しました。

2014年10月22日

日 時:2014年10月4日(土)
場 所:伊勢原市大田付近の田んぼ
参加者:23家族 76名(大人 42名、子ども 34名)
共 催:
れんげの会元気村
協 力
:JA全農、JAいせはら

伊勢原米「作って食べちゃう会」第4 回の企画として「稲刈り&収穫祭」を行いました。鎌を使った稲刈りや、コンバインでの収穫や脱穀も体験。自分たちで植えた苗がたわわに実をつけた稲となり、それを刈り取るという貴重な体験をすることができました。主食として毎日食べている「お米」ができるまでを年間を通して学ぶことができました。
稲刈りの様子

稲刈りの後は、生き物探しとお楽しみの収穫祭! ほかほかとおいしく炊き上がった伊勢原米を試食しました。昆布、ふりかけ、漬物などをあたたかいごはんにのせて、おいしくいただきました。自分たちで作ったお米は格別な味だったのではないでしょうか?
その後、バケツ稲の品評会を行いました。6家族の方が自宅で育てたバケツ稲を持参され生産者の方から育て方のポイントなどを教えていただきました。参加者の方々は自分たちで作ったお米10㎏を自宅に持ち帰りました。

~参加者の声から~

◆自分達で植えた稲を、実際に鎌で刈り取っていく作業は非常に良い経験となりました
◆見事に稲が出来ていた。黄金色の稲田はいつ見ても心が休まり良いものです
◆トラクターがすごいでかくてびっくりした!とても楽しかった

JA全農さんのHPでも紹介されました! 記事はこちら