参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

実感・体感コープ食の安全探検隊!森の里商品検査センター見学 開催日8/6・8

2014年8月18日

140808kensacenter.jpg8月6日(水)と8日(金)、神奈川県・静岡県・山梨県から組合員と家族など61人(大人29人子ども32人)が神奈川県厚木市森の里にある「ユーコープ商品検査センター」で開催した「実感・体感コープ食の安全探検隊」に参加しました。

両日とも7つのテーマ別体験と館内見学を行い、検査機器に直接触れ検査するなど、普段の見学ではできないプログラムを実施。参加者は大人も子どももたくさんの発見や驚きを体験できたようです。


今年は、昨年よりさらに内容を充実!動画と写真でご紹介します

<手洗い体験>   <放射能検査体験>
手には目に見えないバイ菌がたくさんついていますが、ふだんの手洗いで、どのくらい落ちるものなのでしょう。結果は、「キャーッ!」   野菜や乳製品、加工品などから好きなものを選び、放射性物質を計測する「ゲルマニウム半導体核種分析装置」で検査しました。
 
     
 <<臭い・香り)体験>    <顕微鏡体験>
 人間は味やにおいを敏感にキャッチして、食中毒などの危険から身を守っています。では自分の鼻はどのくらいあてになるかな?    野菜、500円玉ほか、参加者が持参した庭の草花、コケなどをデジタル顕微鏡で200倍まで拡大。見たことのない世界に、大人も子どもも「うわ~」!
   140808kenbikyo.jpg

<微生物検査体験>
140808biseibutu.jpg 乳酸菌飲料から乳酸菌を取り出し、 培養する実験。
シャーレには家に持ち帰り、さて1週間後に 乳酸菌は無事増えて、
目で見えるようになったでしょうか?


そのほか、通常に揚げたエビフライと油を除いたものの
カロリー計測と食べ比べ、温度の異なる野菜ジュースなどを
飲み比べて味の違いを調べる実験も行いました。


参加者のみなさんの感想

*いろいろな体験ができてとても楽しかった
*身近に食の安全を考える、いいきっかけになったと思います
*食べ物の安全性をいろいろな機械で調べているのを知り、ユーコープがいっそう頼もしく感じた

140806shugo.jpg

 

商品検査センターについてはこちらをご覧ください。