参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

ヤマのがっこうで農作業の体験をしよう!

2015年3月21日

150831yamanogakkou.jpg

食の安全・安心への理解を深める農業体験

ユーコープは食の安全・安心について取り組む上で、消費者からは見えにくい食べものの生産(地)の現状などの「食べものの向こう側を知り、考える」ことを大切にしています。 農作業や収穫体験は、農業の大切さと大変さを実感しながら、日本の農業や環境、食の安全・安心について考える貴重な機会です。ユーコープでは、食育活動の一環として、さまざまな農業体験企画を進めています。

「ヤマのがっこうin秦野」とは?~表丹沢の里山で農業体験!

hadano 私たちは、自然からたくさんの恵みをもらって、生きています。豊かな自然環境を持つ神奈川県ですが、都市化や開発、農林業の衰退によって里地里山も失われつつある状態です。


そこで、ユーコープでは、「表丹沢菩提里山づくりの会」の皆さんとともに、四季を通じて秦野の里山をフィールドにした企画を開催しています。


「ヤマのがっこうin小田原」とは?~小田原の地で農業体験!

小田原の梅園にて 摘果をする親子神奈川県小田原市は全国でも有名な梅の産地です。梅を材料とした加工品は梅ジャム、梅酒、梅干し、練り梅ほか、さまざまな食品がありますが、身近な地域でとれる農産物であるにもかかわらず、皆さん「難しそう」と尻込みされるのが現状です。

ユーコープでは梅を身近に感じる機会をもてるよう、「JAかながわ西湘 梅部会・梅の香部会」の皆さんと協力し、梅の摘果・収穫体験や、梅を使った料理作りなどを企画しています。

 


申し込み開始日・実施日については、毎月発行されるイベント案内情報紙ぷらすmio、ホームページのイベントカレンダーなどでご確認ください。

2014年度 取り組みピックアップ 摘果作業と練り梅づくり    梅ジャムづくりと収穫体験