参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

8月1日、富良野の小中学生が東戸塚駅前店で売り場体験しました。

2013年8月 2日

「富良野のミニトマト、食べてね」 栽培農家のお子さんたちが、東戸塚駅前店でドキドキ試食販売体験!

グリーン・プログラム 富良野のミニトマト


8月1日(木)、北海道富良野市の小中学生24人がユーコープ東戸塚駅前店で職場体験を行いました。

JAgurano

子どもたちは、地元「JAふらの」(コープのまるごと産直産地)産のミニトマトの試食をおすすめし、ピーマンやとうもろこしも紹介。その他店内放送、農産物の加工作業や売り場の商品の陳列などにチャレンジしました。

JAふらのの子どもたち
ドッキドキの店内放送。「緊張した~」上手だったよ!    北海道の富良野市からきました、食べてください!

 

JAふらのの子どもたち

<参加した皆さんの感想> ワクワク・ドキドキ、発見のある楽しい一日だったようです。

ミニトマトの試食で食べたお客さんが笑顔になったのがうれしかったです!

売場でミニトマトをすすめたら、食べてもらえたのでうれしかったです!

加工作業で桃の箱を組み立てたのが楽しかった!

陳列作業でペットボトルをまっすぐ前に向けて、そろえたのがとてもよかった!

レタスにテープを巻くのがむずかしかったけど、うまくできてよかった!

店内放送を最初間違ったけれど、本番はうまくできたのでうれしかった!

きゅうりや小松菜の袋詰め作業がとてもおもしろかった!

 

家庭や親戚が野菜の生産に携わっている子どもたちも多く、身近なところで作られた野菜が、どのようにお店に並び、利用されているのかを自分の目で確かめる、とてもよい機会となったようです。

 

 

こちらもあわせてご覧ください。コープのまるごと産直 JAふらの