参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

【かながわ】ヤマのがっこうin秦野 第3回 「春夏の野菜クラス」

2013年7月 3日

日 時:2013年6月15日(土)
場 所:秦野市北公民館 近隣の畑
参加者:9家族25名(大人15名、子ども10名)
協 力:表丹沢菩提里山づくりの会

s_13_0615_yama_hadano_02.jpg


「ヤマのがっこうin秦野」第3回の企画として「収穫・草取り」を開催しました。梅雨空の下、総勢25名の組合員さんがチンゲン菜、小松菜、きゅうりなど食べ頃となった野菜を収穫しました。ミニトマトやなすつるなしいんげんなど、とても大きく成長して可愛らしい小さな実がたくさんついていました。かぼちゃも生育状態がとてもよく、しっかりとした実がゴロゴロとありました。次回の収穫が楽しみです。
収穫したあとの畑に、好きな野菜の種や苗を植えていきました。いろいろな野菜が実るのが楽しみです。
昼食後にはコープ商品を使った試食を行いました。浅漬けや梅ジュースをいただきました。



♪参加者の声♪
○収穫のペースがかなり早いということを知り、マメに収穫したいと思いました。自然のおいしさを楽しめて満足しています。
○農家の人の大変さ、無農薬だと虫たちがたくさんいて、食べる時期の一瞬さを学びました。
○生まれて初めての畑仕事でしたがとても楽しくできました。孫が野菜を少し食べるようになりました。
○葉物は虫食いがあり育てるのは難しいが、ほかのものは思った以上によくできて収穫が楽しみです。