役立つ情報や、組合員の皆さんからいただいたアイデアをご紹介します。くらしのフムフム

JA岩手ふるさとで教わった「汁すいとん」(別名はっと・ひっつみ)

2015年10月 5日

2015年9月27日、組合員親子6組12人が、JA岩手ふるさと水沢地区女性部の皆さんの指導ですいとん作りにチャレンジしました。
この地方では「はっと」と呼ぶそうです。名前の由来はこちら

おいしくって、みんなで「おかわり~!」ではさっそくレシピをご紹介します!

151003shiruhoutou.jpg

【材料】 (4人分)

<生地>
・小麦粉・・・300g
・水・・・150ml
※こねたら最低2時間寝かせてから調理します。

<汁>
・鶏もも肉・・・180g
・大根・・・230g
・人参・ごぼう・・・各70g
・しめじ・・・1/2パック
・長ネギ・・・1本
・粉末状だしの素・・・小さじ3
・酒・しょうゆ・・・適宜
・水・・・5.5カップ
【作り方】
151003neru.jpg1.生地を作ります。
ボウルに粉を入れ、水を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
だんだん生地がまとまってくるので、手のひらの親指の付け根あたりに体重をかけ、
生地を押すようにしてよ~く練りあげます。粉っぽさがなくなり、ひとまとまりになったら、ラップに包んで2時間以上寝かせましょう。
※寝かせることで伸びの良い生地になり、口当たりの良いすいとんになります。


2.汁を作ります。
大根・人参は皮をむき適当な大きさに切ります。
ごぼうは皮をこそいで、薄切りまたはささがきにし、水につけアク抜きします。
しめじは石づきを取り適当に分け、鶏肉は食べやすい大きさに切り分けます。


3.鍋に水を入れで火にかけ、2の具を全部入れます。アクを取りながら野菜が柔らかくなるまで、10分ほど煮ます。
151003yuderu.jpg4.別鍋に湯を沸騰させ、すいとんをゆでます。

手のひらに水をつけ、1のすいとんの生地を薄く伸ばしながら鍋に入れ、浮いて来るまでゆでます。

(写真上)
       ほら、よく伸び~る!
       わあ、すごい!さっきコネたときはそんなに伸びなかったのに。
        じっくり寝かせた生地だからだね!


(写真左下)
        薄く伸ばして鍋にせっせといれていきます。



5.すいとんをざるにあけて湯をきり(写真右下)、3の汁に加えて、軽く煮ます。
(※すいとんは、ゆでずに直接3の鍋に入れてもOKです!)
6.最後に調味料で味を調え、切ったネギを入れて仕上げます。

うん!おいしくできてる!151003ajimi.jpg
すいとんは時間が経つと味がしみ、一層おいしくなるそうです。
たくさん作って、翌朝温めなおして食べてもいいですね!
教えてくださった皆さんによれば、汁をみそ味仕立てにするおうちもあるそうです。

JA岩手ふるさと水沢地区女性部の皆さん、どうもありがとうございました!
151005jajoseikai.jpgのサムネール画像


サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて