役立つ情報や、組合員の皆さんからいただいたアイデアをご紹介します。くらしのフムフム

ふしぎな力の「発酵食品」

2011年6月24日

110622_30.jpg

食べ物にカビが生えたら食べられなくないよね。でも、わたしたちのまわりには、カビなどの微生物をうまく使った食べ物がたくさんあるんだよ。

ヨーグルトみたい



のみかけの牛乳をほおっておいたら
ドロドロになったよ。


先生これは、「腐敗」。 ─くさること─
牛乳は栄養がいっぱいあるので、微生物が入ると中で微生物がふえてくさってしまうんだよ。
くさった牛乳は、すっぱくなったり、かたまったりしちゃうんだ。


発酵
でもね、牛乳に乳酸菌という微生物を入れるとヨーグルトやチーズになるんだ。

これを「発酵」というよ。

ヨーグルトのつくり方かたも紹介するね


「腐敗」と「発酵」は、どちらも微生物のはたらきなんだ。
微生物のしごとの中に「分解」というのがあって、かれた植物や死んだ動物、動物のフンなどは微生物によって分解されるんだよ。

微生物が分解すると水と二酸化炭素などの無機物になる


微生物が食品を分解してちがう食べ物になったのが「発酵」というんだ。

食べられないものになったのを「腐敗」というんだ。

腐敗と発酵


※発酵食品は腐敗菌が入り込むことができないので保存性が高まり、もとの原料にはないうま味と香りが生まれ、栄養価も高まります。


代表的な発酵食品はこんなにあるよ。


先生110622_07




先生110622_09みんながよく食べるネバネバな食べ物があるよネ!


納豆のネバネバは納豆菌という微生物のはたらきでできたんだ。

昔の人はゆでた大豆を稲ワラでつつんで納豆をつくっていたんだよ。

納豆菌
40℃ぐらいにしておくと納豆菌の天下になるヨ。

納豆菌はどこにでもいるけど稲ワラが好きなんだな。

ワラに納豆菌?


先生
もう一つ、お米の食べないところを使ったものがあるよ。

「ぬかづけ」。

ぬかづけぬかみそのぬかは、お米を精米したときにでたもので、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分と酵素と乳酸菌などの微生物がふくまれているんだよ。微生物はぬかの中の栄養分を食べてふえて、ぬか独特のにおいのもとになるんだ。


むずかし~ぬか漬けにすると、生野菜よりも栄養が増えるのは、野菜の水分がぬけた分、ぬかの栄養が漬け物にうつるからなんだな。




すごーいむかしの人は、お米だけでなくワラやぬかも利用して食べ物を作ったんだ。




ヨーグルトを作ってみよう

ヨーグルトを作ってみよう 材料 牛乳とプレーンヨーグルト

コップ1杯の牛乳をナベに入れて80℃くらいで約5分あたためます。

沸騰させない感じ。

ナベごと水につけて、45℃くらいまでさまします。

お風呂よりちょっと 熱い感じ。

その中に、プレーンヨーグルトを大さじ2杯入れて、よくまぜます

ヨーグルトを入れます

熱湯消毒したきれいなコップに入れて、ラップをします。

ラップは輪ゴムで留めるとイイヨ!

日のあたるところに7~8時間おくと発酵します。

日のあたるところに冬は暖房のきいた部屋かこたつの中がいいです。

 


よみがな
 乳酸菌(にゅうさんきん)  微生物(びせいぶつ)  分解(ぶんかい)  
 腐敗菌(ふはいきん)  保存性(ほぞんせい)  栄養価(えいようか)  
 納豆菌(なっとうきん)  稲(いね)  精米(せいまい)  独特(どくとく)
 ぬか漬け(ぬかづけ)  熱湯消毒(ねっとうしょうどく)  暖房(だんぼう)  

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて