お知らせ

Uモニ開催♪横浜ビールの直営店で「クラフトビール座談会&学習会」10/24(水)

2018年10月29日

地域の特徴を取り入れたり、個性的な味わいを追求したりして作られるクラフトビール。ここ数年人気が出て多くの方が愛飲している中、ユーコープセレクションとしてクラフトビールの開発を目指しています。
ユーコープならではのクラフトビール開発の構想から約2年。市場調査や一緒に商品を作っていただけるメーカー探しなどを経て、2018年試作がスタートしまし た。少人数による座談会、100人規模のWeb商品モニター(在宅での参加)、商品テスト試食会などで試飲・評価を実施し、2019年夏の発売を目指しま す。

10/24(水)に横浜ビールの直営店「驛の食卓」(横浜市中区)でビールの座談会を開催しました。61名の方に応募いただき、当日は4名の方にお集まりいただきました。座談会の様子をご紹介します。



「誰とどんな時にビールを飲みますか?」

・夫は、のどごしがいいアサヒのスーパードライが大好き。冷蔵庫で常備しています。今年の夏は本当に暑かったので、ビールがおいしかった。
・家では第3のビール、外で飲むときは普通のビールを飲みます。
・クラフトビールを飲むのは旅先のことが多い。持ち帰って、旅行の思い出に花を咲かせながら飲むことも。



「一般的なクラフトビールのイメージは?」

・フルーティーですよね。ワインに少し似ているかな。
・私は普通のビールよりクラフトビールの方が好きです。高いし、あまり手に入らないから飲む機会は少ないのですが、でも好きです。
・瓶に入っているイメージ。瓶は缶よりもおいしいですよね。普段は缶を飲んでいて気づかないけど、同じ商品でも飲み比べると違いがわかります。
・コンビニでもたまに見かけますね。おしゃれな瓶に入ったビール。
・普段の買い物としてはちょっと高いですよね。



クラフトビールについてビールのプロに教えていただきました

座談会の会場となった、横浜ビールの方から説明します。

ビールの発祥の地は実は横浜。(これには参加者もびっくり!)クラフトビールを作り始めた当初はあまりおいしくなく、しかも高かったため、日本に定着しませんでした。その後各メーカーが海外で学び、原料や作り方を工夫して、今の質の高いクラフトビールができました。
高品質のビールを作っている醸造家に敬意を表し、手工芸品(=クラフト)に例え、「クラフトビール」と呼んでいます。「小規模生産」「個性的で特徴的な味わい」「味の多様性」などが特徴です。

この後も、ビールの原料や作り方、ラガービールとエールビールの違いなどの説明が続きました。



皆さんお待ちかね!7種類のビールの飲み比べをしました。
ピルスナー、アルト、ヴァイツェン、ペールエール、横浜ラガー、同志の湧水仕込、瀬谷の小麦ビールの7種類を飲み比べました。横浜ビールの醸造所の方からビールの特徴について説明しました。

「香りが1つひとつ全然違いますね。本当にワインみたい。」「以前に飲んだクラフトビールとは比べ物にならない。こんなにおいしいんですね」


座談会の終了後、クラフトビールの製造工程を見学しましました。
本日皆さんから伺ったことを参考にしながら、おいしいクラフトビールの開発を続けます!
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

【Uモニのご案内】 2018年度から、ユーコープではモニター制度「Uモニ」をスタートしました。 Webアンケートのほか、実際に集まって商品などのお話を伺うインタービューや機関誌mioの取材など楽しいイベントも予定しています! 皆さんぜひ、Uモニにご登録くださいね。 Uモニについて詳しくはコチラ



サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて