参加と交流のひろば 参加と交流レポート:商品・食育・産地体験

組合員の声を「宮城県産活〆銀鮭」の生産者へ届けました

2017年11月15日

11月8日(水)~11月9日(木)に、かながわの組合員お二人と産地指定グリーン・プログラム「宮城県産活〆銀鮭」の産地である

宮城県石巻市を訪問しました。

昨年大好評だった「宮城県産活〆銀鮭大試食会」を今年は5月29日(月)~6月25日(日)に開催。

期間中、44会場で2,456人の方に試食していただきました。

その時に組合員のみなさんからいただいたメッセージや大試食会の様子を冊子にまとめ、生産者代表と加工会社の方へ、

組合員を代表してかながわのユーコープふれんず「さざん花」のメンバーお二人からお渡ししました。

171114_ginsake1.jpg 171114_ginsake2.jpg

171115_ginsakesassi1.jpg 171115_ginsakesassi4.jpg 171115_ginsakesassi10.jpg

生産者にお渡しした大食会の報告冊子はこちらから

2017年度「宮城県産活〆銀鮭大試食会」開催の様子はこちらから

この時期、産地では淡水養殖場で育った稚魚を、海上の養殖場へ移す作業で大忙し。

当日は銀鮭の養殖場のほか、銀鮭を切り身などに加工する加工場を見学させてもらいました。

◎稚魚を育てる淡水養殖場を見学

海上いけすへの出荷に向けた作業は、早朝6時より始まります。

活魚トラックに積み込まれた稚魚は、石巻市雄勝(おがつ)町と女川市出島(いずしま)にある養殖場へ運ばれます。

171114_ginsake3.jpg 171114_ginsake4.jpg
(左)山の中にある稚魚の養殖場。 (右)200g程度の稚魚をいけすから活魚トラックへ移動させます。

◎生産者・千葉千葉昭博・拓実さん親子の養殖場(石巻市雄勝町)でいけすへの海水馴致(じゅんち)を見学

※海水馴致とは、今まで淡水で育てた鮭を海水に慣れさせ、海のいけすで養殖するために必要な作業。

この日は活魚トラック3台分の稚魚(約9t)を移しました。

171114_ginsake5.jpg 171114_ginsake6.jpg

(左)活魚トラックから稚魚を移動用のいけすへ移します。
この後、移動用いけすを船で沖にある海上のいけすまで運びます。

(右)手前の移動用いけすから、右奥の海上いけすへ稚魚を移動させます。
海上いけすへの移動は、網と網をつなげて、稚魚が驚かないようにゆっくり追い込んでいきます。

この海上いけすの中で、稚魚は半年かけて約2kgにまで成長します。

◎㈱スイシン(銀鮭などの加工工場)を見学

171114_ginsake7.jpg 171114_ginsake8.jpg

銀鮭などの原料が加工場で切り身やフィーレなどに加工されます。

加工の様子や、徹底した衛生管理の状況を学ぶことができました。

女川町と石巻市雄勝町の6軒の生産者が切磋琢磨しながら養殖に取り組んでいます。

このグループで一番若いタクちゃん(本名:千葉拓実さん)のブログは<こちらから>

馴致の様子がさらに詳しくわかります!

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて