参加と交流のひろば 参加と交流レポート:平和と国際支援

【やまなし】折鶴とともに組合員から寄せられた172の平和へのメッセージを紹介します ~VOL 4~

2016年1月13日

2015年度も、組合員の皆さまから折鶴と一緒にたくさんの平和へのメッセージが寄せられました。
8月に行われたヒロシマスタディツアーの参加者が、平和記念公園内の慰霊碑に千羽鶴とともに、平和へのメッセージを祈りとともに捧げました。

 寄せられた172のメッセージをシリーズで紹介しています。今回は第4弾です。

~ 平和へのメッセージ ~ VOL4

・子どもたちや孫たちの未来のためにいつまでも平和が続きますよう、お祈りいたします。
・戦争はもう絶対にやってはいけない!!みんな平和に暮らせますように・・・と願います。
・こういう取り組みは良いと思います。子どもたちにも平和のバトンをつなげていきたいものです。
・今年は特に、平和を守りたいという強い思いがあります。その思いを込めて折りました。
・戦後70年も経つのに6才だった私の頭に甲府空襲で燃える赤い炎やB29の飛来の音が鮮やかに浮かぶ時があります。
それは広島や長崎の原爆や沖縄の慰霊の日のニュースをテレビで見たりラジオで聞いたりする時です。
子どもや孫たちには絶対にあの思いはさせたくないと願うばかりです。また、同じ人間として生まれたら、I.S国へ参加するような人が出来ることが不思議に思われます。
・子どものころに覚えた折鶴ですが、久しぶりに折るとすっかり忘れて1つ目は上手に形がまとまらず不格好の仕上がり。2つ目はまあまあの仕上がり。
平和への思いや願いも時々思い、声に出す、考えるなどしないと忘れてしまい、無関心になり、そのうち消えてしまうのではないかと思う。
今、私たちが穏やかに平和に暮らしているのは先人たちの思い、声、命、沢山の愛のお陰だと思う。
私たちも未来の子供たち、人々が平和で穏やかに暮らしていけるように思い、願い、声を出していかなければいけないと思う。不格好の作品ですが、思いが届きますように。
・未来ある子供たちに虹色の夢がありますように・・・
・すべての人々が平和に生きられますように。
・戦争に関する本などを読むと、戦争をしようとして始めたのではなく、流れで始めてしまったと感じている政治家などの話がありました(日本で)。
今の政府などの考えもそれに当てはまるような気がします。日本の憲法の序文を読むと、とてもきれいで、すごいことが書かれていると思います。
外国でも、日本の憲法を基に作りたいと考えている国があるそうです。外国であれほどのことが起きているのに、それに参加しようとしているようで心配です。
・世界中の子供たちが笑顔ですごせますように!
・戦後70年、改めて平和の大切さと戦争のおろかさを肝に命じて感じ行動を起こす時だと思います。行けない人たちの分も祈ってきてください。
・命のありがたみ命の重さをもっと感じて大切にする生活がおくれる人が増えるといいです。
・絆
・再びいまわしい戦争、他国への挑戦がおこらないよう現状(国会情報)を鋭くみつめましょう。9条を守り、平和な世界が続きますように・・・
・皆が人の気持ちを思いやり相手の立場に立って考え行動できる世界中の人々が手をつなげる日が1日も早く来ることをお祈りします。気持ちをこめて!
・鶴に思いを託して、世界の平和を願います。思いやりを大切に、手をとりあって暖かい日々を、平和な日々が地球に生きる人々全員にふりそそぎますように。
・集団的自衛権!その言葉を聞くたびにゾーとします。原爆の保有国が増えている世界原子力発電所も無くならない。
文明の発展が必ずしも人にとって地球にとって幸せな事なのか・・・。便利な生活はすばらしいし、老化するわが身にとってもありがたい、しかし、疑問が・・・??
・特定秘密保護法、集団的自衛権行使、その先の憲法改正?みんな危険ないつかきた道です。
70年の平和な日本を100年、200年、ずっと続けられるよう、みんなで政治に関心をもって発言し力を合わせていきましょう。
・世界中の子供たちの笑顔が絶えませんように。
・平和に願いを込めて中2の息子と折りました。
・花火大会を見ていて思いました。ミサイルなどの爆弾がみんな花火になったらいいのになって!武器がおなべや他の役に立つものになったらいいのにな・・・。
・子ども、孫の時代も戦争が起こらないことを願います。
・私たちは無力ではありません。一人ひとりが声を大にして訴え続けましょう!「戦争反対!子どもたちを私たちの手で守りましょう!」「憲法9条を守ろう!9条も子どもたちも日本の私たちの宝です!」
・コープのカタログをみても街のスーパーを見てもこれでもかという程、食物があふれていて、あの戦争が終わって70年になるというのに、私はまだ夢を見ているような気になります。
栄養失調でひたすらねむくなった事、腕が細く手がうちわのようにやたら大きく見えた事、毎日の食事のありがたさを今さらのように感じ、無駄にしないよう心掛けています。
戦争のとき、疎開児童だった、今83歳のおばあちゃんより
・毎年、今頃に折鶴を折りながら、今年も平和の取り組みがあるんだなあと思わされます。行進や広島への参加と暑い中、大変ですが、どうぞお体に気を付けて行ってきてください。
・二度と戦争をしない。一人ひとりがその起因となった事について調べ考え、国として、国民として、戦争を防ぐ対応、方法について常に備えておくことが必要。
・広島、長崎の体験をしたのは日本だけです。この体験を私たちの子供には絶対にしてはなりません。平和の日本を、憲法9条を守りましょう。小さな小さな運動をこれからも続けてください。
・国会で論戦中の安保法案は“違憲”です。“戦争をしない国”世界で唯一の被爆国をいう事を主張して!隣国どうし欲のかきあいをしている時ではありません。地球が住めない星になろうとしているときに!
・戦後70年平和憲法のもと暮らしてきました。これからも絶対戦争のない平和な国が続きますよう、願っています。
・全国民が平和な日本で暮らせるよう、折鶴に祈りをこめました。よろしくお願いします。
160113_heiwa.jpg

〈お問い合わせ先〉 ユーコープやまなし県本部 TEL 055-243-2440

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて