環境・社会貢献活動 事業から環境を考える

発泡スチロールのリサイクルを知的障がい者の就労支援施設に委託

2015年8月18日

ユーコープでは、事業所から出るさまざまな廃プラスチック類のリサイクルを、複数の取引先に委託しています。

発泡スチロールのリサイクルは、2006年9月から一部を社会福祉法人同愛会の「リプラス」へ委託を開始しました。2014年9月、2015年5月に委託する種類や量を拡大し、現在約5割の処理を委託しています。

「リプラス」は知的障がい者の就労支援施設で、20~30人の利用者が自立のための訓練を受けながら、発泡スチロールのリサイクル事業で収入を得ています。ユーコープはリサイクルを通して障がい者の就労機会の拡大と給与の向上に貢献し、同時にコスト削減も進めてまいります。

<社会福祉法人同愛会「リプラス」へ委託している発泡スチロール

(1)神奈川県・山梨県の全店舗から回収する発泡スチロール

以下の2種類を「リプラス」へ委託しています。

・組合員の皆さんが店頭のリサイクルボックスに出した食品トレー

・商品の納品時に使用される業務用発泡スチロールケース

瀬谷工場に集めた発泡スチロールケースをリプロスの皆さんがトラックへ積み込む様子ユーコープ瀬谷工場(横浜市瀬谷区)に集められた店舗の業務用発泡スチロールトレーを回収している様子

150522recycle 1

(左)店頭のリサイクルボックス、(右)ユーコープ座間物流センター(神奈川県座間市)に集められた食品トレー

(2)おうちCO-OPで使用し、汚損した通い箱

おうちCO-OPでは、商品を配達時に発泡スチロールの通い箱「シッパー」を使用しています。汚れたり割れたりしたシッパーのうち、約5割を「リプラス」へ委託しています。

150522recycle 2

(左)汚損したシッパーと、破砕する機械に積まれたシッパー。(右)汚損シッパーをユーコープ愛川農産セットセンターから「リプラス」へ運び入れている様子

<社会福祉法人同愛会「リプラス」様からのメッセージ>

発泡150522recycle スチロールは、プラスチック製品の原料である「ペレット」に加工し、主に食品トレーにリサイクルされます。

ゴミなどの異物が混ざるとペレットの品質が悪くなってしまいますが、私たちの施設では人の目と手作業による丁寧な分別作業と、溶融時の温度管理を適正にすることで、品質の高いペレットに加工しています。トレーメーカーに安定した価格で引き取っていただけるので、施設利用者の方に他施設より高い給与と仕事のやりがい、そして社会的な自立につながっています。
今後もさまざまな形でユーコープとのつながりを深められれば、障がいを持つ方のくらしの質を上げることに貢献できるのではないかと思います。

社会福祉法人同愛会 統括所長 大川貴志さん

同愛会ホームページはこちら

「リプラス」でのリサイクルの様子はこちら

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて