環境・社会貢献活動 事業から環境を考える

おうちCO・OPで回収したお買物めも・チラシが生まれ変わるまで

2014年5月28日

ユーコープではお買物めもとチラシを資源として回収しています。 2013年4月~2014年3月の1年間では、おうちCO-OPが皆さんにお配りしたお買物めもとチラシのうち、49%を回収することができました。回収量は約1,255万枚、立木約16万本分に相当します。 (ユーコープ、うらがCO-OP、海員生協、富士フイルム生協の合計です)。

 

■リサイクルの流れ

【毎週のおうちCO-OPの配達時に回収します】

おうちCO-OPの担当者が注文書といっしょにお買物めも・チラシも引き取ります。対象となるのはおうちCO-OPでお配りしたものに限ります(ただし複写式の申込用紙などは再生できません)。

おうちCO-OPのリサイクルについてはこちらもご覧ください。

 

【古紙問屋による回収

組合員の皆さんにお出しいただいた買物めもとチラシは、古紙問屋さんがパッカー車という回収車両で、おうちCO-OPの宅配センターやユーコープの物流センターから回収し、2カ所の営業所へ集めます。

パッカー車が核センターを回収してまわります。

 

プレス機で圧縮それぞれの営業所では、お買物めも・チラシをべーラーと呼ばれる大型プレス機にかけて圧縮し、運びやすい大きさのかたまりにします。

プレス機に運ばれたお買物めも・チラシは圧縮されて出てきました

左:圧縮機へ運ばれるチラシ類。 右:圧縮機からでてきたところ。約1メートル四方に圧縮され、その重さは約800kg以上!


【製紙工場へ運びます   

圧縮されたお買物めも・チラシは「リサイクル原料」としてさまざまな製紙会社の工場に運ばれます。

トラックにのせ、製紙工場に運ばれます

 

【紙原料の「パルプ」に大変身】

製紙工場ではリサイクル原料を水の中でほぐし洗いしながら、異物を取り除いたり印刷インクをはがしていきます。最後に漂白の工程を経て、紙の原料の「パルプ」となります。

 

【再生紙に生まれ変わります】

パルプは核製紙会社で紙漉き工程を経て、トイレットペーパーや、一般的な古紙原料としてノートや教科書印刷用の紙、段ボールなどに生まれ変わります。

サイトマップ

なるほどコープ辞典

知っているようで知らないコープの基礎知識をご紹介しています

ユーコープの本棚

ユーコープのガイドブックや資料、報告書、CMソングを掲載しています

機関誌mio

ユーコープの機関誌です。毎月1回発行

くらしのフムフム

くらしに役立つ情報やかんたんおいしいレシピなどをご紹介しています

このサイトについて